Album Commentary

クリスマスキャロル集
TITLE >>

Joy of Winter
ジョイ・オブ・ウインター


BUILD >>
2016.09.29
RELEASE >>
2016.11.19 (MP3)
2016.11.19 (CD)
DISTRIBUTOR >>
ROUTER.FM / eastern bloom company
ILLUMINATED
    MANUSCRIPT >>

中村弘美 Hiromi Nakamura (atelier Incipit)

家族とともに、厳かなクリスマスを。
- Joy of Winter -


毎年年末が近づくと、クリスマスキャロルをアコースティックにアレンジして、ステンドグラス美術館や、自主企画のコンサートで演奏するというのが習慣になってきた私たち。 「家でも聞きたい」という要望がちょこちょこあり、、ライブでのアレンジを元に、クリスマスCDを制作しました。

収録に際しては、ライブでもサポートしてもらっている"Fue-lon"(フエロン)の安生正人君にケルティック(アイリッシュ)ハープ、 フルート、福島浩史さんにバウロンで参加してもらい、クリスマス・ライブでの雰囲気・臨場感を再現することができました。
それにとどまらず、ライブでは再現が困難な"ひとりコーラス"ものから、重厚なオルガン伴奏の曲、ギター1本の曲まで幅広くアレンジが楽しめるかと思います。
曲に関しては、 イギリスのトラディショナルを中心に、アイルランド、スペイン、ペルー、ウクライナ、フランスなど世界中のクリスマスキャロルをチョイスいたしました。

クリスマス・キャロルは、すでに素晴らしいアレンジの曲が世の中に存在いたします。
そんな中、制作のコンセプトとして選んだキーワードは、 "Family" (家族)です。
家族揃ってみんなで聞けるようなアルバムを。そんな気持ちで作った作品です。

また、ジャケットのトップは、atelier Incipit(アトリエ・インキピット)の中村弘美さんに描き下ろしてもらいました。ジャケット、素敵です。

素朴な楽器の音色、透明感のあるのびやかな歌声、eastern bloomの世界観とともに、ぜひ家族でクリスマスを満喫してください。
4年ぶりの作品ですね。


[You Tube] Lo How a Rose E'er Blooming

loading...
shop
Amazon iTunes Store ototoy Amazon MP3 Amazon.com

Audio Track Commentary & Lyrics

※スピーカー()をクリックすると曲の再生をします(再生しない場合は、曲のタイトルのリンクをクリックして曲の解説ページに進んでください。)/曲のタイトルをクリックすると曲の解説ページに進みます。 /・・・Play Sample | Play All (Other Window) >>> Get QuickTime.
1.Carol of the Bells
(邦題:鐘のキャロル)
2.Sussex Carol
(邦題:うれしきこのよい)
3.God Rest Ye Merry, Gentlemen
(邦題:世の人忘るな)
4.Come, Rock the Cradle for Him
(邦題:揺りかごをゆすり)
5.Coventry Carol
(邦題:ねむれよおさなき子よ)
6.Down in Yon Forest
(邦題:遠い森の中に)
7.I Saw Three Ships
(邦題:三隻の船)
8.Vamos Pastores Vamos
(邦題:バモス・パストレス・バモス)
9.Gabriel's Message
(邦題:ガブリエルのメッセージ)
10.Wexford Carol
(邦題:ウェックスフォード・キャロル)
11.Adeste Fideles
(邦題:来たれ友よ)
12.O Holy Night
(邦題:さやかに星はきらめき)
13.Lo How a Rose E'er Blooming
(邦題:エサイの根より)