Invocatory Parade

Lyric: 小島 美紀 / Music: 小島 崇 / Build: 2011.12
PLAY... >>>Get QuickTime.

Come and join us, a parade! Let’s pray for peace and joy!
Throw away your sorrow and anger. Let’s pray for peace and joy!

来て、私たちと一緒に行進しよう 平和と喜びの為に祈ろう
悲しみも、怒りも捨てて、平和と喜びの為に祈ろう

With all mankind’s races, with all kinds of life,
Parade all together. Sing all together.

全ての人種、全ての生き物たちと共に
皆一緒に行進しよう 皆一緒に歌おう

La la la la….

The beauty of nature. The beauty of life.
Happy and bright future. Please give them to us!

自然の美、生命の美
幸福な明るい未来を、どうか私たちに与えてください

La la la la ….

The winding road is filled with people praying for peace and joy.
The line becomes long, long and endless. Let’s pray for peace and joy!

曲がりくねった道は、平和と喜びを祈る人々で埋め尽くされた
行列は長く、どこまでも続く 平和と喜びの為に祈ろう

Audio Track Commentary

初めてこの曲を聴かされた時に、頭に浮かんだのは、踊り念仏みたいな風景。
どこまでも続く道。周りには何も無い曲がりくねった道を、様々な人種、民族の人々が歌い、踊り、練り歩いている。 皆それぞれ各々の民族衣装を身に着けている。
平和、喜びに満ちた世界を願って人々はいつまでも踊り、歌い続ける…

いつまでたってもこの世の中から争いは無くならない。
考え方の違いはあるけれど、でも、人々や地球のためにならないと思われることも、繰り返されている。
でもね、世のかなの多くの人たちは、平和と幸せな暮らしを求めているのだ!
声には出さない、出せなくても、心の中で祈り続けているのだ!
皆で祈り続けよう。きっとそんな世界はやってくるはずだ。
(小島 美紀)

この曲は思いついたのは良いものの、何の曲かさっぱりわからないまま、ボーカル以外の録音が完成してしまった。
こういうのは珍しい。自分の作る曲はなにかしらテーマやイメージがあって、それを感じ取り、想像しながら作っているからだ。・・・要するに、なんとなく思いついて、出来てしまった曲。
そんな自分でもなんの曲か解らない曲にすばらしいテーマを与えてくれたと思う。ナイス妻。感謝。
今となっては、これ以外に考えられない詞が付いていると思う。
あ、この曲の読み方は、"インボケイトゥリー・パレード(祈りのパレード)"と読んでやってください。
(小島 崇)